NOZAWA

彫金工具をはじめ貴金属加工工具および機械の製作・輸入・通販・販売|NOZAWA

rss

ブログ

 

facebook

 

商品カテゴリ

各カテゴリの矢印アイコンをクリックで 小カテゴリが表示されます。
 
 
HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

富士山第2弾

K・Yさんから富士山の写真を送って頂きました、定期的に送って頂きますので良ければ皆さんもご覧ください。

2017-10-06 09:12:10

コメント(0)

Tung-W製作にあたって

http://www.nozawass.com/category/385/

3日前に発売した超硬洋彫りタガネですが既に品切れが出ておりご迷惑をお掛けしています、スイマセン。
なかなか生産スピードが上がらず奮闘しています。
成形は最初粗いダイヤで作業します、研削機にセットしインデックスで角度を出します。
ダイヤの番手を上げて(粒度を細かくして)同じ工程を2回作業、割と坦々と作業は進みます。
超硬も巾が薄くなってくると撓りが出るため作業スピードはゆっくりとなります。
成形後いよいよ鏡面の研磨です、画像は鏡面加工に入る前と後の画像ですが和彫りタガネと異なり洋彫りタガネは鏡面加工面積が広いのが特徴です。
どうしても面積に比例して時間が掛かります、、、、
続きはまた次回にお話しします。

 

2017-09-28 10:32:42

コメント(0)   |  トラックバック (0)

日本製超硬洋彫りタガネTung-W 新発売


http://www.nozawass.com/category/385/
 

『日本製超硬洋彫りタガネTung-W』 
長年お待たせしましたが、ついに超硬洋彫りタガネの発売です。
初回は製作数が少なく売り切れが出た場合は少し時間が掛かりますのでご了承ください。
洋彫りタガネはハイス、HS、HSSなどと呼ばれているハイスピード鋼が主流になっています。
今回販売する洋彫りタガネは当社のオリジナルで2年以上前から試行錯誤を繰り返し販売に至ったものです。
製品完成までは順調でしたが、製作時間が掛かりコスト高になってしまいました。
原因は鏡面仕上加工でした。
超硬はハイスの約3倍の硬度があります。したがってダイヤ砥石やダイヤペーストを使ってカットや成形、研磨、仕上げを行います。
しかし、ダイヤ製品を使ってもハイスの加工のようにサクサクとは作業できないのです。
目標は
① 日本製である。
② 超硬材である。
③ 下刃/上刃の仕上げは鏡面の完成品である。
④ 超硬製の完成品でありながら安価な事
でしたので④に抵触します、
もしも高額で販売するならそれでも良いのでしょうが、それでは意に反します、、、と言う訳でなかなか販売に至らなかったのです。
製作に関しましては追々書き込んでいきますのでよかったらチェックしてください。
何はともあれ販売に漕ぎ着けて良かった~~~

2017-09-25 15:24:54

コメント(0)

空気読めるKYさんの富士山

富士山は自宅からも会社からも見えますが友人のK・Yさんは(空気は読める人です)いつも山中湖からの富士山を送ってくれます、定期的に載せていきますね、とにかくとても綺麗な富士山ばかりです。

2017-09-19 09:06:56

コメント(0)

ヘラクレス鋸刃とレーズブラシ

ヘラクレス糸鋸刃とレーズブラシの特売です。
ドイツ製ヘラクレス鋸刃は在庫品に限りなんと1ダース12本で100円販売です、通常300円程度ですから超破格ですね。
レーズブラシも通常販売価格の半額なので激安です。
とにかく、色々整理をすると出てくる出てくる!!!
時間が無くて特売品を中々アップできませんがコツコツ出していきますのでサイトチェックの程、宜しくお願いします。
http://www.nozawass.com/category/384/
http://www.nozawass.com/item/ZT-H/

2017-09-15 14:10:51

コメント(0)

兄の彫り師Kさん・初出演

昨日、30年来の友人、と言うか兄弟の契りを交わした兄であるKさんを訪問しました。
勿論実の兄ではありませんが、私が尊敬する彫り職人で歳が上なので兄貴と呼んでいます。
実は弟も外国にいて3人血縁関係はありませんがが、それぞれ彫金に携わっています。
仕事の流れで知り合い、現在は3兄弟としてお互いに刺激を受けています。
外国に彫金の達人がいると聞けば3人で各国を訪ねます。
と言ってもアジア専門ですが<(_ _)>・・・・
この彫り師Kさんは弟子が大勢いて昔弟子を訪ねる旅も一緒したことがありました。
とにかく研究熱心で今なお進化しているKさんです。
以前、友人の男性から#25特注印台リングに2ctのダイヤを五光留めして欲しいと依頼され大勢の彫り師に断わられた時、難なく完璧にしかもその場で彫り留めしてもらいました。
その時使用していたのは、野沢製作所のタガネでお互いタガネや彫りについて熱く語り、それから付き合いが始まりました。
余談は少しづつブログで紹介していきますね。
今回はそんなKさんの机を撮影してきました。
Kさんの工房には磨きの職人もいて彫り、磨き、修理、新品仕上げなどお困りな方がいれば紹介しますよ!
とりあえずこんな感じで彫り留めしています。



2017-09-13 10:01:23

コメント(0)

緑のニッパ/カッター3兄弟?

今回はニッパ/カッター3種の特売です、と言っても数量は在庫分だけなので少ないです <(_ _)>
MCCとGC-200は棚にフックにて陳列していた為、ブリスターパックに難有りですが品物は全く問題ありませんのでパックから出して送ります。
GN-200はダンボールに入っていますので陽にも当たっておらず美白のままです。
この3種とにかく切断能力が高いのが特徴です。
ご覧のように通常ニッパと異なり、テコの原理を応用しています、メーカーによっては倍力などと表現しますが少ない力で大きい切断力が得られるので人間からすれば同じ線を切るなら半力で済むということですね。
MCCはエンドカッター又は喰い切りとも呼ばれます真上から切断しますので逆手持ちも可能です、90度に刃が付いています。
GNはニッパですので刃角度40度となっています、GCはニッパではなくカッターと呼ばれ刃は真っ直ぐです。
http://www.nozawass.com/category/372/

2017-09-12 11:02:24

コメント(0)

鍛冶屋の奴床販売します。

今回は新しく販売する製品の紹介です、当HPではヤットコを数年前に全てステンレス製に変更しました。
ステンレス製のヤットコは見た目も綺麗で頑強、ブレも少なくロングライフに使用できるなどとても優れています。
実際に私もヤットコは何丁も持っていますが、それが逆に融通が利かないというかすぐには馴染み難い気がします。
逆に鉄のヤットコは人によっては先端をナマシて加工したり、握って離した時にゆっくりと自然に開くようにカシメを緩めたり閉めたりしやすく、手に馴染みやすいと思います。
勿論、ステンレス製、鉄製、共に長所・短所はあります、選択はお客様にお任せする事として今回3年ぶりに鉄のヤットコを復活させました、しかも昔から鍛冶のヤットコで有名なM-ARAIのヤットコを販売します(M-ARAIの工具と言えば2年前TVの和風総本家で職人の作る工具を紹介してましたね)、1丁1丁手作りですので個体差もあり武骨ですが、やっぱり渋いなあ~
今回、店で在庫していたものからHPにアップしました、現在と少し寸法が異なったり現在では価格が上がっているものもあります、在庫がなくなった時点から現行の価格となります。
宜しくお願いします。
http://www.nozawass.com/category/184/


2017-09-07 13:49:24

コメント(0)

お宝\(◎o◎)/!赤タガネ青タガネ

希少品というよりお宝品レベルかも?なんと昔の赤タガネと青タガネです。
昔から赤タガネと青タガネを使用している方は良くご存知と思いますが、形状も今製作されている物とは異なりとても持ちやすく、歪みも少ないのが特徴です、随分前に姿を消し暫くして別の方の手で復活しましたが、同じ赤タガネ青タガネであっても性能が異なります。
大勢の方から要望がありましたが悲しい返事を繰り返していました。
今回、同業者の倉庫に眠っていたものを全て譲り受けました、当然今回の販売で終了です。
随分前から製作されていませんので入手は不可能となります(勿論現在の物は別です)。
現代のタガネより昔の方が価格は高めです、更に希少性もあり価値は高いのですが今回は現代のタガネと同額で販売します。
いずれも本数が少なく、まとめ買いの可能性もありますのでお早めに。

画像の青タガネ赤タガネはそれぞれ同じ号数の比較ですが左が現在、右が当製品です、形状もややスマートで鋼材も異なるようです(詳しくは解りません)青タガネに関しましてはヤスリで確認しましたが自分の感覚では硬めと思います、焼き入れ方も異なるようです。

※ 赤タガネ(炭素鋼)
炭素鋼ですので焼きを入れします、場合によっては焼入れせずに使用する事も可能。
一般的には焼入れの前にヤスリやグラインダーなどで成形、砥石などであらかじめ仕上げ加工を施しその後焼き入れ、好みに応じて焼戻し(ナマシ)を行い最終仕上げとして砥石や研磨材を使用して鏡面仕上げを施します。
注意点は焼入れしたタガネに熱を加えると硬度低下(ナマシた状態)を起こします、もしくは切れの良い砥石を使用すると発熱が抑えられます。

※青タガネ(ハイススピード鋼)
焼入れされたハイス鋼ですので焼入れせずに使用します。
赤タガネより硬いため一般的にはグラインダーや軸付き砥石、電着ダイヤモンド等で成型加工し、仕上げとして砥石や研磨材を使用して鏡面仕上げを施します。
注意点はタガネに熱を加えると硬度低下(ナマシた状態)を起こします、切れの良い砥石を使用すると発熱が抑えられます。
http://www.nozawass.com/category/382/

2017-09-05 13:22:06

コメント(0)

ピンセット来たー

展示特売品としてピンセット各種を特価にて販売します.
展示品と言っても箱入りで展示していたので正確には展示ではないかな?
ということで展示品ですが無傷、やっと日を浴びた新品です。
価格は40~50%offと大変お得になっていますので是非ご覧いただきたいと思います。
宜しくお願いします。

http://www.nozawass.com/category/372/

2017-09-04 13:15:00

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2